楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル2016」全国大会 準優勝!

「楽天トラベル」が主催する、全国の宿泊施設が提供する朝ごはん日本一を決定するイベント「朝ごはんフェスティバル®2016」に出場。11月30日のファイナルステージ(全国大会)にて 1,554 施設の中から準優勝しました。


「真鯛潮茶漬」と「ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め」

ファイナルステージで披露した「真鯛潮茶漬」と「ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め」

朝食会場店長 下尾翼紗と総料理長 前田瑞穂

朝食会場店長の下尾翼紗(左)と総料理長の前田瑞穂(右)

当ホテルでは“朝食プロジェクト”という部署を横断した朝食企画の専門チームを3年前に補足し、朝食のクオリティ向上に努めてきました。
ホテルの朝食を全国のお客様に知ってもらうため出場した本大会では、8月に行われた一般ユーザーの口コミやWEB投票の結果を選考の基準とした第1ステージで鹿児島県代表となり、10月18日~19日に都内で開催された第2ステージに進出。
出場した47施設の朝ごはんから、一般来場者と特別審査員の試食により、今回のファイナルステージに進出する6つの朝ごはんのひとつに選出されました。

今回エントリーした朝ごはんは「真鯛潮茶漬」と「ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め」。

「真鯛潮茶漬」は新鮮なお刺身を堪能いただくため、朝一で〆た真鯛のお刺身をお客様自らお好みの丼をつくっていただくスタイルの人気の朝ごはんです。鯛をいかす特製スープは、丁寧に下処理をした鯛のカマ・中落ちをベースにし、潮汁と野菜をじっくり煮込んだこだわりの一品です。

「ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め」は鹿児島の名産であるニガウリと豚耳をソテツ味噌で炒めたもの。苦味のあるゴーヤと、味噌の甘さが絶妙な味のバランスを生み出し、豚耳を混ぜることでさらに食感も楽しめるご飯のお供にもおすすめな料理です。

今回の準優勝の決め手のひとつは「潮汁」。
鹿児島出身で同大会の審査員「ラ・ロシェル」のオーナーシェフ坂井宏行氏からは、潮汁の“透き通った汁の色”“まろやかな味わい””丁寧な鯛の下処理”が三位一体となって素晴らしいとのコメントもいただきました。



真鯛潮(うしお)茶漬

真鯛潮茶漬

鮮度にこだわって朝一で〆た「真鯛」の刺身を使用した「真鯛潮茶漬」です。
最後にかけるスープは、丁寧に下処理をした鯛のカマ・中落ちをベースに潮汁と、野菜などをあわせた料理長こだわりの一品。刺身からカマまで新鮮な真鯛を余すところなく使用するために料理長が考案しました。
お好みで特製胡麻だれやアラレなどの薬味をトッピングできるので、お客様自身での盛り付けもひとつの楽しみとなっています。


ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め

ニガウリと豚耳のソテツ味噌炒め

鹿児島の名産であるニガウリ(ゴーヤ)と豚耳をソテツ味噌で炒めました。
ソテツ味噌とは鹿児島奄美大島などで生産されるソテツの実と玄米と大豆を原料にした奄美大島名産のお味噌。
ニガウリはビタミンCがなんとグレープフルーツの2倍!
ソテツはビタミン・ミネラルが非常に豊富で健康志向の方にもピッタリなところもポイントのひとつです。
苦味のあるゴーヤと味噌の甘さが絶妙なハーモニーを醸し出し、豚耳を混ぜることで食感も楽しめます。
ご飯のお供に最適な朝食会場でも人気のメニュー!


お問い合わせ・ご予約

鹿児島 城山観光ホテルは桜島を一望することができるホテルです。
豊かな自然と緑に囲まれたホテルは、鹿児島市街地の中心、標高108mの安らぎの空間。
四季折々に美しく移ろう城山の森がお迎えいたします。

  • 代表電話 : 099-224-2211
  • 宿泊ご予約 : 099-224-2200 【受付時間】9:00〜21:00
  • 宴会・会議ご予約 : 099-224-2220 【受付時間】9:00〜20:00
  • レストラン総合予約 : 099-224-2221 【受付時間】9:00〜20:00

宿泊のご予約

このページのTOPに戻る