法事・法宴

故人を偲ぶひとときをお手伝いいたします。


法事とは

仏教

仏教では、初七日、三十五日<五・七日(いつなぬか)>、四十九日<七・七日(なななぬか)>と法要を行い四十九日までが忌中となり、ちょうど1年後の祥月命日(同月同日)に一周忌を行います。一周忌以外、年回法要は亡くなった年から数えます。したがって、2年目の祥月命日に三回忌の法要を行います。その後七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きますが、通常は三十三回忌で「弔い上げ」として区切りをつけ、それ以後は先祖代々供養します。

一周忌 命日から満1年目 三十三回忌 命日から満32年目
三回忌 命日から満2年目 三十七回忌 命日から満36年目
七回忌 命日から満6年目 四十三回忌 命日から満42年目
十三回忌 命日から満12年目 四十七回忌 命日から満46年目
十七回忌 命日から満16年目 五十回忌 命日から満49年目
二十三回忌 命日から満22年目 百回忌 命日から満99年目
二十七回忌 命日から満26年目
神道

神道では、仏教の法要にあたる儀式を霊祭(れいさい)とよび、その後の会食を(なおらい)とよんでいます。十日祭、三十日祭、五十日祭と続き、五十日祭が忌明けとなります。その後は、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と行います。

キリスト教

プロテスタントでは記念式を行います。七日目、一月目、一年目、三年目、五年目と行いますが、一月目の記念祭がもっとも盛大に行われます。カトリックでは追悼ミサという儀式が三日目、七日目、三十日目、一年目に行われます。キリスト教では忌明けの期日は決まっていませんが、一般には50日間ぐらいを忌中としています。



法事・法宴

法事・法宴

法事・法宴についてご案内いたします。

詳細を見る

お別れの会

お別れの会

お別れの会についてご案内いたします。

詳細を見る

お問い合わせ:城山観光ホテル 家族営業課
Tel:099-224-2211
E-mail:s-family@shiroyama-g.co.jp

お問い合わせ・ご予約

鹿児島 城山観光ホテルは桜島を一望することができるホテルです。
豊かな自然と緑に囲まれたホテルは、鹿児島市街地の中心、標高108mの安らぎの空間。
四季折々に美しく移ろう城山の森がお迎えいたします。

  • 代表電話 : 099-224-2211
  • 宿泊ご予約 : 099-224-2200
    【受付時間】平日 9:00〜20:00 日・祝 9:00〜17:00
  • 宴会・会議ご予約 : 099-224-2220 【受付時間】9:00〜20:00
  • レストラン総合予約 : 099-224-2221 【受付時間】9:00〜20:00

宿泊のご予約

このページのTOPに戻る