新型コロナウイルス感染拡大防止に対する
当ホテルの対応について
>>詳しくはこちら

パスワードをお忘れの方・再設定の方はこちら

初回ログイン設定がまだの方はこちら

予約センター

TEL.0570-07-4680

× CLOSE

× CLOSE

2021.05.21

お知らせ

SHIROYAMA HOTEL kagoshimaの中長期経営計画について

第2次中期経営計画について

・当社および観光業界におきましては、新型コロナウィルス脅威により、県外や海外からの旅行自粛の影響、県内の法人宴会自粛の影響を受け、急速な消費マインドの冷え込みにより経営環境は厳しさを増しております。
・この難局を乗り越え再成長への企業体質改善に向けて、2021-2023中期経営計画を策定いたしました。

長期経営計画の中での第1次中経が終了。耐震工事は概ね計画通りに進捗。
2020年の新型コロナウィルスの影響により、今後の計画に変更発生。
現時点では、第2次中経で計画していた中央棟の耐震工事が第3次中経以降にずれ込む予定。

全社中期経営計画と部門中期経営計画、部署短期経営計画への流れ

第2次中経(2021→2023)はwithコロナ→afterコロナの過渡期であり、我々の取り巻く環境は大きく変化していく。
そんな3年の中で、売上を伸ばしながらも、収益性を高めていくために、何が必要なのか。今までの延長線上の考え方、やり方は通用しない。
以下に、全社でのビジョン、コアバリュー、重点戦略を定め、各部門毎の戦略・戦術に落とし込んでいく。

大切にしたい価値(コア・バリュー)

改めて、私たちが城山を経営していく上で大切にしたい価値|コア・バリュー

□お客様にとって
・幸せをかさねていける場所 / 絆を深める場所
・そこに働いている「人」に会いに来るようなホテル
・ホテル業における一流のプロフェッショナル集団

□地域社会にとって
・鹿児島の「迎賓館」であり、鹿児島県民にとっての「床の間」
・地域に根ざした、地元の人が自慢したくなるホテル
・鹿児島の代表として、鹿児島の価値を上げ続けるホテル

□従業員にとって
・未来に対する希望や夢を持つことができ、それを叶えられる職場
・働きがいと活気に溢れ、「城山愛」から自律的に行動したくなる職場
・チャレンジしやすい / 失敗が歓迎される文化風土をもった職場

これから3年のありたい姿|中期ビジョンと3つの重点戦略

第2次中期 ビジョン

スタッフ一人ひとりが自ら考え行動し、
お客様に感動して頂ける商品・サービスを創り出し、
高収益の、ますます地域に愛されるホテルへ。

SDGsの取り組み
ホテルギフト券
SHIROYAMA MEMBERS CLUB
オンラインショップ
採用情報

CONTACT

SITEMAP
SITEMAP