パスワードをお忘れの方・再設定の方はこちら

初回ログイン設定がまだの方はこちら

予約センター

TEL.0570-07-4680

× CLOSE

× CLOSE

2022.06.27

平和と公正をすべての人に

全従業員より寄せられたウクライナ支援金を、鹿児島県ユニセフ協会へ寄付



こんにちは。
 
今回の「SHIROYAMA サステナラボ」では
 
「全従業員より寄せられたウクライナ支援金を、鹿児島県ユニセフ協会へ寄付」についてご紹介します。

(右から)鹿児島県ユニセフ協会常務理事 田中巽氏、同協会会長 豊丸安美氏、弊ホテル常務執行役員 渡千左代、SDCs室室長 安川あかね

当ブログで以前「日本ホテル協会による“社会的貢献に関する会長表彰”にて受賞した優秀賞の副賞全額をウクライナ支援金として寄付」した旨をお伝えしました。これに続き従業員に任意の募金をよびかけたところ、従業員約700人全員の協力により5月末までに約25万4千円が集まりました。
 
ホテル内の募金箱に寄せられた約1万5千円も加えて、6月13日鹿児島県ユニセフ協会(鹿児島市東千石町)へ常務執行役員 渡とSDGs室長 安川がお届けしました。南日本新聞の取材を受け、渡は「2年前、ロシアで開催された商談会でウクライナの方たちも見かけた。早く現地の方たちが旅を楽しめる平和な日々が戻ってほしい」と語りました。
 
寄付金は、ウクライナの子どもたちの生活支援などに利用されます。

 
SDGsの取り組み
ホテルギフト券
SHIROYAMA MEMBERS CLUB
オンラインショップ
採用情報

CONTACT

SITEMAP
SITEMAP